iPhoneのタッチパネルが反応しない7つの原因

 In iPhone修理, ガラス交換, 液晶交換

iPhoneを使っていて、突然タッチパネルが反応しなくなって使えなくなってしまったら、本当に困りますよね。
タッチパネルが反応しなくなる理由を7つ紹介します。

iPhone反応しない

1.iPhoneのタッチパネルが反応しない7つの原因

1-1.画面が割れている

画面の割れたiPhone

iPhoneを落としたり、お尻のポケットに入れたまま座ってしまったりすると、画面が割れることがあります。

その時に、ガラスの下の液晶まで損傷してしまうと、タッチパネルの一部もしくは全体が反応しなくなってしまいます。

液晶には、タッチパネルのセンサーが縦と横に張り巡らされていて、液晶が損傷するとそのセンサーまで壊れてしまうからです。

詳しい仕組みについては、この記事の下の方を読んでください。

また、画面が割れていてもセンサーが壊れていなければタッチパネルは使えますが、だからといって画面を直さずに放っておくと、割れたところから水や皮脂、ほこりなどが入って故障を悪化させてしまう恐れがあるので、すぐに修理することをおすすめします。

1-2.センサーが壊れている

iPhoneを落とした時、まず確認するのが画面が割れたかどうかですよね。

落として裏返っているiPhoneを拾う時の祈るような思い、痛いほどよくわかります。

画面が割れてなかったら、ほっと一息・・・するのはまだ早い!!

技術の進化により、ガラスはより割れにくくなっています。

しかし、タッチパネルのセンサーは精密機器。おそろしく繊細なんです。

画面が割れていないのに、中のセンサーが壊れてタッチパネルが反応しないという事例が増えています。

ちょっとでもおかしいと感じたら、完全に使えなくなる前に、専門業者にみてもらいましょう。

1-3.保護フィルムのせいで反応が悪くなっている

画面を傷や汚れから守るために、保護フィルムを貼っている方は多いでしょう。

2枚重ねで貼ったり、分厚いガラス素材の物を貼ったり。

実は、iPhoneを大切に思うその気持ちが原因で、タッチパネルの反応が悪くなることがあるんです。

タッチパネルは、指から伝わる体内の電気をセンサーが感じ取って反応する仕組みになっています。

だから、指からの電気が伝わりにくいと、反応が悪くなったり、反応しなかったりします。

タッチパネルが反応しない他の原因に心当たりがなかったら、一度保護フィルムをはがして試してみてください。

それでもダメなら、他の原因を探りましょう。

1-4.内部に水が侵入してしまい基盤が故障している

iPhoneにとって水分は大敵です。

そんなこと言われなくてもわかってるし、だから水没させないように気を付けていますよね。

でも、ついつい濡れた手で触ったり、お風呂などの湿気の多い場所に持ち込んだりしてしまうことはありませんか?

そんな時に、内部に水が浸入して基盤を故障させてしまうことがあるんです。

指か乾燥していると、電気が通らなくてタッチパネルが反応しないことがありますが、iPhone自体は水が超苦手なので、本当に気を付けてください。

1-5.本体が曲がって接触が悪くなっている

お尻のポケットに入れたまま座ったり、ぶつかった時に強い圧力が加わったり。

そんな時に、本体が曲がってしまうことがあります。

そうなるとタッチパネルも曲がってしまい、反応が悪くなったり、反応しなくなったりします。

技術の進歩は目覚ましく、どんどん軽く、どんどん薄くなっています。

強度も増してはいますが、やはり繊細な道具に変わりないはないですね。

1-6.バッテリーが膨張している

これは長年使っている端末にたまにあることなのですが、バッテリーが経年劣化で膨張して、そのせいで本体と液晶がゆがみタッチパネルの反応が悪くなるのです。

膨張したバッテリーはそれだけで危険なので、他に影響が出ていなくても、なるべく早く交換しましょう。

1-7.ソフトウェアの問題

タッチパネルが反応しない内部的な要因として、iOSというソフトウェアに問題が発生していることが考えられます。

iOSとは、iPhoneのアプリ運用やプログラム操作を行っているシステムです。

その原因はよくわかっていませんが、iOSに問題が発生すると、タッチパネルが反応しない、もしくは反応しにくいという事態が起こることがあります。

また、iOSを最新バージョンにアップデートしていないと、不具合が起きることもありますので、iOSもアプリもきちんとアップデートした方がいいでしょう。

2.iPhoneのタッチパネルの仕組み

iPhoneのタッチパネルは「静電容量方式」という仕組みで成り立っています。

「静電容量」というのは、電荷をどれだけ蓄えられるかを表す量のことです。

タッチパネルには、一定の電荷が保たれたセンサーが縦と横に張り巡らされています。

タッチパネルに指を近づけると、体内の電気にセンサーが反応して、電荷に変化が起こります。

この電荷の変化を感知して、「タッチパネル上のどこに指が触れたのか?」を検知するという方式です。

iPhoneの画面が割れていてもこのセンサーに損傷がなければ、タッチ操作ができます。

逆に、このセンサーが損傷すると、タッチ操作ができなくなるのです。

 

タッチパネルを触っていて、故障じゃないのに、タッチしても反応しないことありますよね?

それは、指の電気が何らかの理由で通らない状態になっているからなんです。

指先には皮膚があって、皮膚は適度に保湿されている状態じゃないと電気を通しません。

だから、指が乾燥している時は反応してくれないのです。

手袋をしていると反応しないのも、手袋のせいで指の電気が通らないからです。

まとめ

まとめ

iPhoneのタッチパネルが反応しない7つの原因をご紹介しました。

「タッチパネルの調子が悪いな、なんでだろ?」という時に見ていただけたらと思います。

センサーの故障である場合、一刻も早い修理をおすすめします。

 

参考までに、当店の料金表を載せておきます。

他店と比べてもらえれば、安さがわかっていただけると思います。

3か月保証も付いていますので、修理後も安心です。

iPhone ガラス&液晶 交換 料金

機種料金作業時間
iPhone 5¥7,50030分
iPhone 5s¥7,50030分
iPhone 5c¥7,50030分
iPhone SE¥7,50030分
iPhone 6¥7,50030分
iPhone 6 plus¥9,00030分
iPhone 6s¥9,50030分
iPhone 6s plus¥9,50030分
iPhone 7¥10,50030分
iPhone 7plus¥12,00030分
iPhone 8¥12,50030分
iPhone 8 plus¥12,90030分
Recommended Posts
お電話はコチラiPhone(アイフォン)カメラiPhone充電ができない