iPhoneが水没した時の応急処置方法

 In iPhone修理, ガラス交換

もしあなたが、iPhoneを水没させてしまって慌てて応急処置方法を調べているなら、一旦落ち着いて、この記事をしっかり読んでください。

iPhoneが水没した時、応急処置が正しいかどうかで、復活率が大きく変わってきます。間違った対応をしてiPhoneが故障したり、データが消えてしまったりといった悲惨な事にならないように、応急処置の方法と、絶対にやってはいけないことなど、iPhone水没に関するポイントをまとめました。

1.iPhoneが水没した時の応急処置方法

1-1.電源を切る

水没したら何よりもまずiPhoneの電源を切ってください。

iPhoneは精密機械です。
濡れたまま電源を入れていると、いろいろな部分でショートを起こしてしまいます。
ショートを起こすと、最悪の場合、データが消えたり二度と電源が入らなくなったりします。

1-2.アクセサリーやカバーを外す

iPhoneにアクセサリーやカバーが付いていると、その材質によってはカバーに水がしみ込んだり、iPhone内部への水の浸入を助長してしまったりする可能性があります。
また、表面の水分を拭き取る際にも、拭き残しを発生させる要因にもなりますので、外しておいた方がいいです。

1-3.表面の水分を拭き取る

イヤホンジャックの中や、ホームボタン、ドックコネクタなど内部へ水が侵入しやすそうな部分を、念入りに拭き取り取ってください。
イヤホンジャックやドックコネクタなどは、ティッシュや綿棒で、内部までしっかりと水分を取るようにします。
面倒でも細部まで丁寧にふき取ることがiPhoneの復旧率を上げるポイントになります。

1-4.SIMカードを抜き取る

SIMカードはデータ通信や電話をするための非常に重要な物なので、iPhone本体表面の水分をしっかり拭き取ったら、SIMカードを取り出して、しっかり水分を拭き取る必要があります。

SIMカードはiPhoneの側面にあるSIMトレイの穴に、SIMピンを差して押すと取り出すことができます。
SIMピンが見当たらない時は、クリップや安全ピンで代用できます。
あまりゴシゴシ拭くとSIMカードを傷めてしまいますので、軽く水気を取る程度にしてください。

iPhone(アイフォン) SIMカード

1-5.乾燥させる

表面の水分をよく拭き取ったとしても、内部に水分が残っている場合があります。
そのまま電源を入れてしまうと、ショートして故障の原因になります。
そのため、ジップロックなどの密封袋や容器に、iPhoneと乾燥剤を一緒に入れて乾燥させてください。

修理に出すまでの間にどうしても電源をいれなければならない場合は、最低でも1日は乾燥させてからにしてください。
そうすると、幾分安心です。

1-6.修理に出す

ここまでは、あくまで応急処置です。
仮にここまでやって電源が入り、いつも通り使えたとしても、一度水没したiPhoneは次にいつ不具合を起こすかわかりません。
一度修理に出して、内部に問題がないか確認してもらった方がいいでしょう。

では次に、水没した時にやりがちだけど、絶対にやってはいけないことをご紹介します。

iPhone(アイフォン) 水没 やってはいけないこと

2.iPhoneが水没した時に絶対にやってはいけないこと

2-1.ドライヤーで乾かす

水没したiPhoneは、乾かすのが基本です。

しかし、ドライヤーを使ってはいけません。
手っ取り早く乾かすためについついやりがちですが、熱風にさらすことで、基盤が熱でやられてしまうことがあります。

また、アイフォン内部に染み込んだのが真水ではなく、ジュースやみそ汁、海水などだった場合は、水分以外の成分が焦げてしまう可能性があります。
そうなると、復旧はほぼ不可能です。
修理にかかる費用も時間も大幅にかかることになりますので、絶対にやめてください。

2-2.水分を飛ばすために振る

これもついついやってしまいがちですが、絶対にやめてください。

遠心力で水分が飛ぶどころか、まだ水分が入っていない奥の方まで入ってしまったり、水分が入っただけで故障してしまう箇所に水分が入ってしまったりするからです。
振ったり傾けたりせず、なるべく水平にして、拭き取りや乾燥をしてください。

2-3.充電する・PCにつなぐ

これも絶対にやらないでください。
応急処置のところでも言いましたが、電気が通るとショートしてしまいます。
しかも、水没した時には損傷していなかったバッテリーが壊れたり、ドックコネクターがショートして電源が入らなくなったりと、被害が広がりかねません。

どうしても充電しないといけない時は、少なくとも一日以上乾燥剤で乾燥させてからにしてください。
iPhonePCに接続するのも、同じ理由で絶対にダメです。

まとめ

iPhoneが水没した時の応急処置方法と、絶対にやってはいけないことをご紹介しました。

iPhoneを水没させてしまった時は、慌てずに応急処置をして、なるべく早く修理に出すことが、復旧への近道であり、唯一の道です。
修理に出すとお金も掛かってしまいますし、100%直せるものではありませんので、データが復旧しないこともあります。
しかし、専門家に任せた方が元に戻る可能性が高くなりますので、大切なデータが消えてしまう前に、専門業者に相談してください。

水没復旧作業 料金

当店では、他店よりもリーズナブルに水没復旧作業をやらせていただいております。
当店の料金表を載せておきますので、参考になさってください。

機種料金作業時間
iPhone 5¥4,50030分
iPhone 5s¥4,50030分
iPhone 5c¥4,50030分
iPhone SE¥4,50030分
iPhone 6¥4,50030分
iPhone 6 plus¥5,40030分
iPhone 6s¥5,00030分
iPhone 6s plus¥5,50030分
iPhone 7¥6,00030分
iPhone 7plus¥9,00030分
iPhone 8¥9,50030分
iPhone 8 plus¥9,90030分
iPhoneX¥18,80030分
iPhoneXS¥24,80030分
iPhoneXR¥21,50030分
Recommended Posts
お電話はコチラiPhone(アイフォン) 電源ボタン